Die musikalische Weltreise 音楽の世界旅

v.l. Brummer & Herr Riemer 左から ブルマー&Riemer氏
v.l. Brummer & Herr Riemer 左から ブルマー&Riemer氏

Gestern im Gerhart-Haptmann-Haus in Düsseldorf haben ich und der Flötist Klaus-Peter Riemer ein "spätsommerliches Serenadenkonzert" gegeben. Wie Herr Halder von der Stiftung angedeutet hat, haben wir Werke von Komponisten aus verschiedenen Ländern gespielt: J.S.Bach, Weber, Riemer, Offenbach (Deutschland), Dittersdorf, Schubert (Österreich), Chopin (Polen), Faure, Massenet (Frankreich), Tschaikowsky (Russland), Dvorak (Tschechin), Elgar (England), Donizetti (Italien).
Es hat mir viel Spaß gemacht, dieses Programm mit Herrn Riemer zu spielen. Nach dem Konzert haben einige Leute uns angesprochen und sich bedankt. Vielen Dank für Ihren Besuch!!!

昨日デュッセルドルフのGerhart-Hauptmann-Hausでフルート奏者Klaus-Peter Riemer氏と「晩夏のセレナーデ・コンサート」を行いました。財団のHalder氏が言及されたように、さまざまな国の作曲家の曲を演奏させていただきました。- J.S.バッハ、ウェーバー、リーマー、オッフェンバック(ドイツ)、ディッタースドルフ、シューベルト(オーストリア)、ショパン(ポーランド)、フォーレ、マスネ(フランス)、チャイコフスキー(ロシア)、ドヴォルザーク(チェコ)、エルガー(イングランド)、ドニゼッティ(イタリア)。
Riemer氏と共にこのプログラムを演奏するのはとても楽しかったです。コンサート後何人かの方が声を掛けてくださり、お礼を言ってくださりました。ご来場ありがとうございました!